• トップ
  • 海外留学・研修/国際交流

海外留学・研修/国際交流

桜美林大学の海外留学・研修制度は、高い外部評価を得ています。

『大学ランキング2021』(朝日新聞出版)では、海外留学制度ランキングで全国7位を獲得。
イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education」でも、
「国際性」の分野で日本国内33位(首都圏14位)にランクインしています。咲かせる学びで、世界とつながる。

多彩な海外留学プログラム&
研修レポートについて

短期プログラム

夏休み・春休みを有効に利用。約30種類のプログラムがあり、「語学研修プログラム」は、カナダ、ドイツなどの提携機関で生きた外国語を集中的に学べます。「国際理解教育プログラム」は、モンゴルやマレーシアで研修を行い、現地の文化や社会課題への理解を目的としています。

対象学群:
全学群(一部、専修条件・学群・学年指定の場合あり)
特徴:
○1~4週間の短期間で留学
○約30種類のプログラムから選択

研修レポート

高野 さくら

健康福祉学群 健康科学専修4年
東京都 日本ウェルネス高等学校出身
時期:2年次夏休み
期間:2週間
渡航先:アメリカ・アトランタ
参加プログラム:海外ビジネス研修(スポーツ産業)

アメリカでの2週間が、
夢を目標に変えてくれた。

スポーツが好きで、いつかスポーツに関わる仕事に就きたい。誰もが思い描くような漠然とした夢を「スポーツビジネスの仕事に就く」という目標に変えてくれたのが、本場アメリカでの体験でした。野球、サッカー、バスケットボールといった多くの試合やスタジアムを見学し、ジョージア州立大学の先生からビジネスノウハウを学んだ2週間。スタジアムの設計、イベントや飲食物の販売方法、さらに高校や大学におけるスポーツビジネスまで、日本とはスポーツに対する考え方から大きく違うことに驚きました。留学後には思い切って学群の垣根を越え、ビジネスマネジメント学群のゼミに所属。私自身も長くプレーしてきたサッカーのプロチームで働くことを目標に、スポーツビジネスについて知識を深めています。

中期プログラム

GOプログラム/AHプログラム/GC留学プログラム/航空・マネジメント学群海外研修
留学期間は約1学期間(約4か月)。海外での語学学習で語学力を向上させるだけでなく、生活体験やコミュニティアウトリーチ(ボランティア活動など)を通して多様な世界を知り、グローバルに活躍する力を養います。

対象学群:
[グローバルアウトリーチ(GO)プログラム対象学群]
リベラルアーツ学群/ビジネスマネジメント学群/芸術文化学群
[学群独自の中期留学プログラム]

○ビジネスマネジメント学群エアライン・ホスピタリティコース(AH)プログラム

○グローバル・コミュニケーション学群(GC)留学プログラム

○航空・マネジメント学群海外研修

特徴:

○約1学期間にわたり語学を修得

○コミュニティアウトリーチ(ボランティア活動など)を通して、
地域社会や人々への理解を深めることができる(英語圏のみ)

研修レポート

山根 拓人

リベラルアーツ学群3年
神奈川県立百合丘高等学校出身
時期:2年次
期間:1学期間
渡航先:アメリカ・ボルチモア
参加プログラム:グローバルアウトリーチ(LAGO)プログラム

「知っている」と
「実際に経験する」は全く違う。

アメリカでまず感じたのは人の違い。日本人はアメリカ人に比べて内向的で、常に人の顔を伺いながら生活しています。それが日本のいいところでもありますが、やはり自分の思っていることや感情を言いやすい環境は精神衛生的にも良いと感じました。また、アメリカの学生は戦争や政治について自分の意見を持っており、そういった話題についてディスカッションを行えたのはとても意義がありました。最初は先生の英語が聞き取れない、周りの学生は皆さん年上で緊張してしまうなどで悩んだことも。しかし一生懸命に課題や授業に参加する姿勢を見せれば、クラスメイトは自分のことを理解してくれ、楽しい環境で英語を学ぶことができました。コミュニティアウトリーチでは、タウソン大学の日本語クラスに参加。近くにあるジョンズフォプキンス大学で日本語を学んでいる学生と話す機会もあり、このプログラムならではの活動が多くあります。さまざまな国の方がなぜ日本に興味を持ったのか、日本をどういった風に思っているのかなどを知ることができ、ボランティアをしつつ自分の学びにもなりました。

長期交換プログラム

1学年間または1学期間留学し、英語または現地公用語で、現地の学生と一緒に学部授業を受講します。アジア、オセアニア、北米、南米、欧州、中東、アフリカの多数のエリアに提携校があり、留学先の選択肢が豊富。一部提携校では、語学を中心に学ぶことも可能です。

対象学群:
全学群
特徴:

○語学力に応じてアジア、オセアニア、北米、南米、欧州、中東、アフリカ、
80以上の提携機関から留学先を選択できる

○英語または現地公用語で学部授業を受講

○1学年間または1学期間留学

研修レポート

屋宜 花恋

グローバル・コミュニケーション学群 中国語特別専修
2021年3月卒業
沖縄県立八重山農林高等学校出身
時期:3年次春学期〜秋学期
期間:11か月間
渡航先:台湾・台中市

言語の壁よりも、自分の未熟さを実感。

桜美林大学へ入学し、ゼロから中国語を学び、1年後にはH S K5級を取得。2019年2月から2020年1月まで、台中市の東海大学で集中的に中国語を学びました。1クラス10人以下の少人数で勉強しやすい環境が魅力。また、同級生が多国籍なので台湾以外の文化を学ぶこともできました。台湾は、2019年にアジア初の同性婚が認められた国でした。台湾人に、なぜ同性愛について理解できるのか聞いても、彼らが答えを出すのは難しいと思います。まず、彼らと私たちの考え方が違うというところ、また、台湾という国に対しての愛が一人ひとり強く感じられました。だからこそ社会からの偏見がなくなり、同性婚合法化がされたと思っています。この留学を通して、言語の壁という前提より、このような偏見・「差別問題」について深く考えさせられました。私たちと同じ若さであっても、政治への向き合い方も違います。台湾では、自分の未熟さが改めて感じられるいい経験となりました。

数字で見る!
桜美林大学の留学実績

34の国と地域に、190以上の提携機関があります。

国際交流を、
国内で!海外で!

  • OBIRYU!フェス
  • オンライン留学
  • Global Supporters
  • カンバセーションサークル
  • 国際寮
  • インターナショナルキャンプ
  • 日本語クラスゲスト
  • バディプログラム